ホーム>実績>利子補給支援システム

世羅町商工会様 利子補給支援システム

ローンを組んだ際のシュミレーション、実際のローン契約の管理など利子補給に関する事務処理を支援し情報を共有するwebシステムです。


内部事務処理を共有化し、事務効率化したい
システム形態 Web業務システム/個別業務システム
/Webサイト/その他
導入目的 情報発信/販促促進/安全安心/
業務効率向上/情報共有/その他
納品先 世羅町商工会様
URL http://marusera.com/shoukoukai_info/
業種 自治体 外郭団体
制作内容 ・設計・デザイン・コーディング

メリット2

ローン管理、利率の計算、帳票の出力をexcel上で行っていた。そのため、引き継ぎや情報の共有に時間がかかる

メリット2

メリット2

web上でローンを組んだ際のシュミレーション、実際のローン契約情報の管理、帳票を作成するシステムの導入

導入背景

通常ローン管理、利率の計算、利子補給請求書等の契約に必要な帳票の出力などは、excelで行われます。この場合、ファイルで管理しているため人事異動で人が入れ替わるたびに案件の引き継ぎが手間になってしまいます。
そこで、商工会内のネットワーク上でシュミレーション、ローン契約の管理、書類の出力まで一連の業務をwebブラウザで行える『利子補給支援システム』の導入を決定されました。

導入効果

ローンの契約情報をweb上で管理できるので職員全員で情報の共有が可能になりました。また、ローンのシミュレーションから契約、帳票の出力の一連の業務を本システムで行えるため作業が効率化しました。 さらに、複数の制度でシミュレーションをする時の面倒な計算もなくなりました。

メリット2 メリット2

事業者の方と職員の方が相談しながらシステムでシミュレーションをします。

シミュレーション後、事業者さんが金融機関にローンを申込み、そのデータを職員さんが金融機関から受け取りシステムに入力します。延滞などの条件が変更した場合は、システムの延滞等の管理から事業者さんのデータを管理します。

メリット2